ウィルスは怖い(ホラー映画から学ぼう)

2020/04/02

現在流行っているコロナウイルス、怖いですね。

 

いつもホラー映画の登場人物を治療していますが。

 

今回は「ホラー映画から学ぼう」です。

 

 

 

「エイリアン コヴェナント」では、

 

最初のエイリアンは、ジャングルの卵から黒い胞子が出てきて人に寄生します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻や口、耳から入ってきて寄生するんです。

 

原種は顔に飛びつくやつではないんですね。

 

宿主は具合が悪くなって、寄生体は成長すると、

 

身体から飛び出してきます。(こんな生物です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のコロナウィルスと同じように、

 

いつどこでどこから感染するかはわかりません。

 

ここでホラー映画のやられ役のお決まりのパターン

言い方を変えれば「フラグ」というものです。

 

① 強がっている人はやられる。

② 無茶をしてもやられる。

③ 自分は大丈夫と油断するとやられる。

④ 正義感(自己犠牲)があり過ぎてもやられる。

(オマケ)空気読まないでイチャつくカップルもやられる

 

 

 

 

つまり、ここに学びがあるわけです。

 

映画の主人公は慎重で、少し臆病で,油断せず

 

まず自分の身をしっかり守る状況で、人を守る。

 

そんなキャラが多いですよね。

 

エイリアンは、お腹から出て宿主はやられます。

 

それ以上に、出てきた奴は周りの多くの人に牙をむきます

 

コロナも自分だけではないですよね?

 

 

皆さんもホラー映画のヤラレ役にならないよう、

 

一人ひとり気を付けていきましょう

 

皆さんも、自宅で自粛する際、エイリアン、いかがですか(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー