ジワジワ怒り脾虚肝実「伽椰子」さん

第6回の今回は、

第2回で登場したある人のお母さん「佐伯伽椰子」さんです。

フルネームだと「誰?」でしょうが、俊雄くんのお母さんと聞くとピンときませんか?

色んな人にトラウマを与えた声と見た目のインパクト。

今回は「伽椰子」さんを独断と偏見で鑑別、治療していきましょう。

色んな人に八つ当たりしていく「伽椰子」さんの最初の犠牲者

なんと「俊雄くん」です。

彼も首謀者ではなく、被害者の一人なんですね。(もしくはDV父から救いたかったか)

自分の近くに来れば誰かれ構わず呪っていく。

触るもの皆傷つけるギザギザハートな「伽椰子」さん。

彼女は生前からストーカー気質で粘着質で、、

精神的に不安定なウツ気味で、血の気がないというか、出血だらけですね。

血の流れも悪く目元はクマでギョロギョロ、痩せている感じです。

「脾虚肝実」な感じですね

「脾」は出血を抑える「統血」の作用や、と関係して消化吸収の関与します。

「脾」が弱る事で抑えられていた「肝」は枷が外れ

暴走している状態です。

だから、「脾」の出血に「瘀血」のクマに、

目が目立つほど「脾胃」で痩せてしまってますね。

以前ジェイソンさんは「肝実」とお話ししましたが。

純粋にカッと熱くなるジェイソンさんに比べて、

モンモン、ジワジワと熱が溜まるタイプです。

彼女は「肝」の前に「胃と脾」を元気にしてあげないといけません。

胃の気を正常化させて、消化吸収を助けないと

「肝実」の症状は一時しのぎの治療にしかなりません。

いくら治療しても良くならない人は、

根本的に見直してみるのも良いですね。

なので「伽椰子」さんは少し時間がかかりそうですね。

もちろん、「脾虚」だけの場合もあります、

食欲不振食べてるのに痩せてしまっている人や、

内出血が多いなどはまず、「脾」が疑われます。

「脾虚肝実」は「脾虚」の症状が進行して「肝」に波及した状態です。

なので「伽椰子」さんは治療に時間がかかります。

「伽椰子」さんは劇中では、

「可もなく不可もなく、美人でも不細工でもない」と揶揄されますが、

もしかしてしっかり治療すれば

髪も自然なパーマなので、「ユルフワ系美女」になったかもしれないですね。

最新記事
アーカイブ
カテゴリー