「IT」~THE 腎虚~

2020/03/16

今回で第5回目になりました。

 

今回は、最近リメイクされたあの方

 

「それ」とか「あれ」と言われている。

 

「IT」「ペニーワイズ」さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応名前があるのですが、最初は正体不明だったので

 

子供たちに「IT(それ、あれ)」と呼ばれています。(小説では正体がわかります)

 

今回も独断と偏見で診断、鑑別していきます。

 

「ペニーワイズ」さんは、子供を襲いますが、

 

油断させて一気に恐怖を煽ったところでパクっといきます。

 

彼の好物は「子供」「恐怖」ですね。

 

逆に補給が出来なかったり、恐怖を感じない子には無力になってしまいます、

 

彼は東洋医学で診ると「腎」欲しているように感じます。

 

「腎」生命力の源として言われていて、

 

生まれながらの生命力、「先天の精」子供が一番漲っています。

 

そして、腎は感情では「恐怖」

 

恐怖で弱らせて、パクっと行くわけですね。

 

「腎」は、内臓でも腰に位置するように、

 

「腎」が減っているお年寄り腰が曲がったり、髪が白くなったりします。

 

映画でも、「ペニーワイズ」さんは大人の前には姿は現さないですし、

 

一般の大人に姿は見えていませんね。(ルーザーズも大人になって最初忘れてました)

 

腎の減っている大人に興味はないみたいです。

 

彼の治療は一番は「腎虚」「腎を補う」治療です。

 

腎が衰えると髪や骨腰痛内臓下垂頻尿足の浮腫みなど

 

「下半身や泌尿器の異常など」に出てきやすいです。

 

実際映画でも、「ペニーワイズ」さんは弱った時はヨボヨボに縮んでましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に元気な時は大きくなってハツラツとしてます。

 

しっかり「腎虚」の治療ができれば、

 

27年に一度の被害者がゼロに出来たかもしれませんね。

 

※注 子供を食べても長生きしたり、腰痛予防になりませんので、

 

決してマネしないでください!!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー