日常生活と体幹筋

体幹筋とは「インナーマッスル」であり


「身体を安定させる筋肉」なのですが


ぎっくり腰の予防のために鍛えた方がいいと言われています。


強い筋肉では無いので、


頭の位置や、


足の位置、


お尻の位置、


がバラバラだと、体幹筋は上手く動いてくれません。


例を挙げると、立ち上がる時に、何を意識していますか?


手をついて立ち上がる時、こんな風にしていませんか?


手、頭、腰、足の位置が離れてバラバラですね。


これでは体幹筋もどこに重心を置けばいいか分かりません。

立ち上がる時は少しでも頭、腰、足の位置を寄せておく方が安定性が増して


体幹筋を使いやすくしてくれます。


ぎっくり腰が多い今の時期は、ちょっとの工夫で防いでくれますので


気をつけてみて下さい。

最新記事
アーカイブ
カテゴリー