凄いぞ!オキシトシン。

2020/03/02

昨今、皆さんも耳にしたことがあるかもしれませんが。

 

「オキシトシン」

 

一番は母親が赤ちゃんを抱いている時、活性化する事が注目されて、

 

幸せホルモン愛情ホルモンとも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以外にも、恋人と接したり、友達や仲間と接する事でも

 

オキシトシンは活発になるので、

 

良好な人間関係を築くことでも人は幸せを感じられるんです。

 

幸せを感じることで、

 

心が穏やかになり、

 

不安や自律神経の緊張が緩和したり。

 

心穏やかになることで

 

筋肉の緊張も緩和されて

 

精神的・身体的健康にも繋がります。

 

オキシトシンは「他者を思いやる」ことで、

 

「思いやり」を受けた側も、与える側もどちらも

 

活発になります。

 

という事は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです、オキシトシンは人と動物でも活発になるんです。

 

コミュニケーションをとることで活性化する対象は母と子、恋人、親兄弟、だけでなく

 

ペットなどの動物でも関係があり

 

長寿や健康に繋がるんです!

 

そして、鍼治療にもオキシトシンは関係するんです。

 

鍼治療を受けてるときの「心地良いなぁ~」と感じている時にも

 

オキシトシンは活性化しているんですよ。

 

鍼治療は身体だけでなく心のケアにも良いんです。

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

最新記事

March 27, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー