top of page

電解質って何? (熱中症)

熱中症警戒アラートが連日報道される中、


熱中症予防、もしくは対処に

体を冷やす、水分補給、電解質補給、

この3点がよく言われます。


体を冷やす(暑いから)、

水分補給(汗かくから)、

電解質補給 ⇐ (これ何?)


そう、電解質ってよく分からない、

とりあえず塩分補給すればいいのかな?って

思ってませんか?


最近は経口補水液なるものが薬局にも売られているので、

分かりやすいですが、


それぞれ説明していきましょう。


熱中症は体温が上昇して、自分で体温を下げるのが

上手く出来なくなっている状態です。


発汗は気化熱の作用を利用した身体を冷やす冷却装置です。

それでは冷やしきれない場合、

涼しい所に退避し、

身体の中を血液を使って冷やすために

血管の大きい、わきの下や太ももの付け根を冷やす。


水分補給と冷却は分かりやすいですね。


電解質は、電気を通すイオンであり。

この電解質イオンは

電気を伝えやすくする物質なんです


体を動かす時に脳からの命令を神経から各筋肉に

微弱な電気信号として伝えています。


更に筋肉が動く時にも電気を使い、

心臓なども筋肉でできています。


電解質イオンが減ると、

脳からの伝達が上手くいかず、

足がつったり、

身体が痙攣したり、

酷いと心臓が上手く動かない

動悸や、脳に血液を送れず眩暈なども起こします。


最悪の場合

意識はあるけど、身体が震えて動かない

自分で涼しい所に退避も出来ないようになります。


熱中症が起きてしまったら、

経口補水液が一番ですが、

休憩時などの飲物としたら、

個人としたら「梅昆布茶」がオススメです。

塩分とカリウム補給にも良いですし、

内臓を冷やしがちな夏に、

ゆっくりと内臓を温めてくれます。


注意するとしたら、

スポーツ飲料です。

実は糖質が多いと、飲んだ時に吸収が遅くなり、

飲みやすいですが、即効性は低いんです。

アルコールは分解に水分が使われてしまうため、

ビールは水分補給にならないので、

お気をつけ下さい。

(写真は熱中症予防に首と耳の裏を冷やす金太郎君です)


Commentaires


最新記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page