長野式一門

こんにちは、岩島治療院院長です。

実は先日、大分へ行ってまいりました。


私の敬愛する師匠、長野康司先生とお話をしに伺い、

数年にわたりお世話になり、所属しておりました

「長野式臨床研究会」を辞して参りました。


長野式治療という鍼灸の流派があるのですが、

その創始者である長野潔先生の意志を受け継ぎ、

多くの鍼灸師を始めとした医療関係者の方々へ

その治療法を伝えるのが

長野式臨床研究会の役割です。


その役割の一端をお手伝いするこの数年間は

わたしにとってかけがえのない

学びになりました。


鍼灸治療は、長野式に限らず、

奥深く、そして間違いなく

人々のためになる治療術です。


この知識、技術を

①もっと多くの一般の方に知って頂くこと。


②もっと多くの医療関係者に知って頂くこと。


③さらに、治療術の発展進化をさせること。


これは、臨床研究会から離れた後も

変わらないルーティンワークになると思います。


師匠の長野康司先生にも

「からだに気をつけながら頑張りなさい」

「長野式一門であることに変わりはないのだから

今後も宜しくお願いします」


とお言葉を頂きました。


「長野式一門」


長野式治療を会得し、

これを軸とし、

さらに素晴らしい治療術を追い求めてまいります。

最新記事
アーカイブ
カテゴリー