top of page

人間心理学セミナー①「センターピース」

昨朝、5歳の娘が折り紙で工作をしておりました。

しかし、その工程の中、一か所潰してしまったのですね、

それで癇癪を起して


「ママ!!折り紙何色取って!!」

「ママ!!!セロハンテープ取って!!」

「ハサミ取って!!!!」


そんな言うなら、いつも工作してる自分の工作部屋に

行きなさい、ママも朝の準備してるんだから!


と、私が口を挟んだところ

みるみる顔が歪んで目に涙が・・


あー、そうだ伝わるように言わないとな。

少し、落ち着けてから話そうか。


「おいで」


近くに呼び寄せ、

パパの指を見ててご覧。目で追うんだよ、いい?


さっきの折り紙のことを思い出しながら、目で追ってみようか。





最初は、唇をかみしめていた娘が

指をずっと目で追っていることに

おかしくなったのか、少しニヤリ(笑)


でもそれに気づいて、また怒り顔に戻る。

けど、またニヤリ。こちらもニヤリ(笑)

指を25往復するころには、先ほどより少し落ち着いている様子。


アイムーブですね。


のどか(娘)、右脳と左脳、知ってるよね?

これは、脳に刺激を与えて、ストレスとか嫌なことを少し軽くする

体操なんだよ。


じゃ、さっきの話ね。


まず、パパがさっき言ったこと。

パパ言い方怖かったかもね。ごめんね?

それは反省します。

じゃ、のどかが反省することはあるかな?


と、こういう流れでお話しました。

もちろん、娘自身が落ち着いて話を聞けるまで

待ってても良かったのですが、

昨日のワークを、少しアウトプットしてみようと

思ったわけです。


結果、娘は指をただ目で追っているという

意味不明の行動にニヤリとして落ち着いたのかも知れませんが(笑)

落ち着いて話をすることが出来たのではないかと。


相手に伝わらなければ、言葉は届かないので。


それから、


せっかく作った折り紙がつぶれたのが嫌だった、イライラしたんだよね。

でもさ、もう一回作るための折り紙がさ、まだうちにはいっぱいあるんだよ。

もう一度作るチャンスがないより良くない?マシじゃない?


うん。でもうちに無かったらどうするの?


買いに行くお金がうちにはあるよ。

それも無かったら哀しいけど、うちにはまだ折り紙があるし

そして無かったら買えるよ。


そうか(娘)。


と顔が変わった瞬間でした。


その後、さらに落ち着いた娘は

あとで、


ごめんね?


とこちらに来たので

おいでーギューッとハグしました。


チェンジライン、いいですね(#^.^#)


今後も、どんどん使っていこう。


考え方・捉え方で変わる。


これから娘にもどんどん伝えていこう。



実はこれは先日行ってきた人間心理学のセミナー

「センターピース」で学んだ一部。

いやはや、面白かった。

なるほどなーと、思うところがとても多かった。

試しにと参加した1dayセミナーで

初めて参加するセミナーは必ずといって

「どうなの?」と「疑ってかかる」タイプである私が

「これはありだわ」と納得し、初級に参加することを決め

いそいそと出かけてきました。

これは、患者さんの為以上に

自分の為、家族の為の知識、体験でした。

(いやまだ第1回しか受けてないか)


大学の頃から、心理学や哲学が好きで

・・・とは言ってもうろ覚えなので

質問は困りますが(苦笑)


深層心理、表層心理についての言及は

多くの学者が述べています。


そして、深層心理で人は繋がっていると。


それを聞いた時に

「ふーん」くらいにしか思わなかったのですが


人が心の深いところから変わると、

接し方が変わり、

言葉が変わり、

身の回りにいる人が変わり、

興味が変わり、

行動が変わり、


結果、連鎖が連鎖を生み

自分のあずかり知らぬところで

多くの変化が生まれる


そういう意味で、

深層心理で人が繋がっている


ってことなら納得です。


なんて、昨日のセミナーではこんなこと言ってなかったので

勝手に心の中で帰りしなつぶやいてただけの話です。

自分の考え方の変化は、確実に連鎖を生むと思う。

だって、人に優しくなるもの(笑)




ところで、

昨日のセミナーでは班分けがなされて

4人組が決まりました。

とても素敵なチームです。

このチームで今後

セミナーの内容の確認やその後の生活などを

話すのがとても楽しみです。


もちろん、同じチームではない方々も

とても何だかホッとする仲間ばかり。


それというのも、

皆、共通するのは

人を知りたい、自分を知りたい

そんな部分がある方しかいないから。


さて、そんな環境が用意されたのだから

自分は安心して前に進めます。

なかなかないよ、そんな環境。

自分を含め、こじらせた人が多い世の中なので。

とても貴重な環境です。



さて、ではではとアウトプットしたお話でした。




Opmerkingen


最新記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page