top of page

うなぎのかば焼きを食べ、灸(きゅう)を据える

今年の土用の丑の日は7/30(日)ですね。


皆さん、土用の丑の日には


「うなぎのかば焼きを食べ、灸(きゅう)を据える風習」と


言われている事ご存知ですか?


土用とは、「土の気が盛んになり、事を用いる」季節の変わり目を指し、


「土旺用事」が省略されて「土用」と変わったそうです。


昔から季節の変わり目は気候の変化で


体調を崩し、胃腸の不調を招く。


その為「精の付く」ものを食べて、負けない体にしようと


言われていたそうです。


鍼灸でも「土用」の季節の変わり目は体調を崩すので、


灸を据えると良いと言われていて、


うちの治療院では「胃」の経絡


「胃の気」を鍼やお灸で整えています。


胃腸は「自律神経」による支配を受けていて、


「胃の気」を整える事で自律神経の不調を整える処置をしています。


ウナギは平賀源内が困ったウナギ屋の為に宣伝したそうですが、


場合によっては「旬」の食べ物で調子を整えるのも方法です。


今年は「うなぎのかば焼きを食べ、灸(きゅう)を据える風習」


ウナギ食べながらお灸を足のスネに据えてみたらいかがでしょう?









Comentários


最新記事
アーカイブ
カテゴリー
bottom of page